来自 关于历史 2019-09-23 15:17 的文章
当前位置: 百姓彩票登录 > 关于历史 > 正文

铃木伸之案件引纠纷,东瀛将丢掉性侵扰罪

今月始め、人気俳優の新井浩文容疑者が強制性交の疑いで逮捕される、性犯罪に注目が集まっている。2017年の性犯罪刑法改正は、強姦罪が強制性交等罪となるなど110年ぶりの大幅改正だった。しかしさらなる問題点も指摘されている。性犯罪の不起訴が多い理由はどこにあるのか。

3月7日,日本政府在内阁会议上通过了严惩性犯罪的《刑法》修正案。废除受害者仅限女性的“强奸罪”,新设包括男性在内的“强制性交等罪”。自1907年日本制定《刑法》以来首次废除强奸罪名。修改后,即使受害人没有亲自提起诉讼也可以立案,将减轻警察等方面在查案时受害人的心理负担。   修正案预定向本届国会提交。在现行法律中,强奸罪的定罪对象仅限针对女性的性交行为,而在判决强制性交等罪时,无论受害者还是加害者均不分性别。强奸罪的最低量刑年限为有期徒刑3年,而强制性交等罪延长至5年。   强制性交等罪的成立前提也像以前一样,需要伴有施暴和胁迫行为。但修正案设定了新的罪名,双亲等“监护人”利用身份影响力与未满18岁的儿童进行性交或对其实施猥亵行为时,即使没有施暴或胁迫,犯罪事实也将成立。罪名为“监护人性交等罪”和“监护人猥亵罪”。   强奸罪和强制猥亵罪属于需要受害者亲自提起诉讼的“亲告罪”,但修正案废除了这一规定。通过受害者支援团体和第三方的控告就可以启动案件调查,但在受害者不希望控告的情况下预计将不予起诉。

这个月初,人气演员新井浩文因强制性交的嫌疑被逮捕,性犯罪受到世间关注。2017年,性犯罪刑法时隔110年进行了大幅修正,包括强奸罪变为强制性交等罪,有许多变化。 但也有人进一步指出了新的问题。那么多数性犯罪都不被起诉的理由是什么?

图片 1

●強姦罪から強制性交等罪に 改正された理由

●将强奸罪更改为强制性交等罪的理由

2017年に性犯罪刑法は110年ぶりに大幅に改正され、罪名が強姦罪から強制性交等罪に変わっている。改正後は、「男性も被害者になった」と説明されることが多い。より厳密に説明すれば、改正前まで強制わいせつとして裁かれていた口腔性交の強要と肛門性交の強要も、強姦と同等に扱われるようになったということだ。この基準は、すでに先進国の多くで採用されている。

展开剩余86%

2017年,性犯罪刑法时隔110年进行了大幅修改,将强奸罪的罪名更改为强制性交等罪。此后,很多对于这一修改的解释认为关键点在于“男性也作为被害者受到法律保护”。但要更严密地解释这一修改,那就是之前被判为强制猥亵的强行口腔性交行为和强行肛门性交行为,如今和强奸同罪。这个标准已经在很多发达国家被采用。

「強姦」は「女性を無理やり姦淫する」という意味だったため、被害者の性別を限定しない「強制性交等」という名称に変更された。

因为日本过去对“强奸”的定义是“女性被迫接受性交行为”,所以将罪名更改为不限制被害者性别的“强迫性交等”。

また改正にあたって他には、「非親告罪化」「懲役の下限を引き上げ」「監護者性交等罪(親などの監護者による子どもとの性的行為についての規定)の創設」が行われた。

另外,其它修改还有“受害者不告诉,司法机关也能调查起诉”“提高刑罚下限”“监护人性交等罪(针对父母等监护人与孩子性行为的规定)的创设”。

●監護者性交等罪が創設された意味と、 暴行・脅迫要件

●创设监护人性交等罪的意义以及必须有施暴、威胁行为才可定罪

一方で、改正が検討されながらも見送られた点もある。「公訴時効の廃止または停止」「配偶者間におけるレイプの明文化」「暴行・脅迫要件の緩和もしくは撤廃」「性交同意年齢の引き上げ」などだ。

另一方面,此次性犯罪刑法修改中,“是否废止或停止公诉时效”“是否明文规定配偶间的强奸属于犯罪”“是否缓和或废除必须有施暴、威胁行为才可定罪的条款”“是否提高性交同意年龄”等问题都被搁置未决。

特に「暴行・脅迫要件」については議論が多い。新井容疑者の「暴行はしていない」という一部否認も、暴行・脅迫要件と関連すると考えられる。暴行や脅迫がなければ、強制性交等罪は成立しないからだ。

特别是关于“必须有施暴、威胁行为才可定罪”的讨论很多。像新井浩文宣称“没有施暴”,可以认为也是和“必须有施暴、威胁行为才可定罪”有关。因为如果没有施暴和威胁行为,那么强制性交等罪就不成立。

通常の性交と「強制性交」を分けるものは日本の場合、暴行・脅迫の有無なのだ。しかし、暴行・脅迫を用いずとも相手の抵抗を奪うことはできる。恐怖にかられ、被害者がフリーズすることもある。

在日本,划分正常性交和“强制性交”的界线,即是否存在施暴、威胁行为。但即使不采取施暴、威胁行为,也有可能在对方不抵抗的情况下。被害者因为恐惧而愣住的情况也是有的。

例えば、相手が親などの監護者の場合。子どもの生活を把握・管理する立場の大人は、暴行や脅迫を用いなくても、「性交に応じなかったらお前の居場所はなくなる」と思わせたり、あるいは「これは誰でもやっていることだ」と言いくるめることは容易いと想定できる。このために改正にあたって創設されたのが「監護者性交等罪」だ。加害者が被害者の監護者に当たる場合において、暴行・脅迫要件が撤廃された。

例如,对方是父母等监护人的话。因为是把控、管理着孩子生活的大人,就算不使用暴力和威胁,也会让孩子认为“不答应性交的话,就没有生存之所了”,或者用语言欺骗,让孩子轻率地以为“这是谁都在做的事情”。为此,在这次刑法修改时加设的“监护人性交等罪”。在加害者为受害者的监护人(亲生父母和养父母等)情况下,施暴、威胁行为不再是定罪必要条件。

監護者性交等罪が創設された意味は大きい。だが一方で、暴行・脅迫を用いずとも被害者の抵抗を奪える関係や状況は、これ以外にもあるのが現実だ。

监护人性交等罪的创立具有相当大的意义。只是另一方面,现实中还存在着其他的不施暴、不威胁就能使受害者不抵抗的关系和状况。

例えば、上司と部下、雇用主と労働者、先輩と後輩、教師と生徒、コーチと選手などの上下関係を利用したレイプ事件は少なくない。監護者性交等罪の創設は改正にあたって議論された「地位関係性を利用した性的行為に関する規定」の一部が認められたかたちだが、一部“しか”認められなかったとも言える。

例如,利用上司和部下、雇佣者和劳动者、前辈和后辈、师生、教练和选手等上下关系进行强奸的案件不在少数。监护人性交等罪的创设,让大家讨论的“关于利用地位和关系进行性行为的规定”实现了一部分,但也只是一部分。

海外では、例えば英国は「暴行・脅迫要件」ではなく「不同意性交」を採用している。ドイツとスウェーデンは、それぞれ2016年と2018年に暴行・脅迫要件を廃止している。

在海外,比如英国就不将有施暴、威胁行为作为定罪必要条件,而是将“不同意性交”作为定罪必要条件。而德国和瑞典,也分别于2016年和2018年修改刑法,不再将有施暴、威胁行为作为定罪必要条件。

●被害者が安心して 裁判に臨むために支援の充実が不可欠

●为了让被害者安心面对审判,扩大援助是不可或缺的

これまで有名人の起こした性犯罪事件で、不起訴となったものは少なくない。

迄今为止,有名人士引发的性犯罪事件,多数最后都没有起诉。

2016年に当時23歳の男性俳優が起こした強姦致傷事件は不起訴。昨年5月には、アイドルグループTOKIOの元メンバーが未成年に対する強制わいせつで書類送検されていたが、これも不起訴となっている。

2016年当时23岁的男演员引起的强奸致伤案件没有起诉。去年5月,偶像组合TOKIO的前成员对未成年人的强制猥亵案件虽被书面送检,但最后也没有起诉。

性犯罪事件の起訴率は高くない。前述の通り、暴行・脅迫要件のハードルに阻まれての不起訴もある一方で、示談が行われたり、被害者が裁判を望まないことでの不起訴もある。

性犯罪案件的起诉率不高。正如前文所说,一方面因为必须有施暴、威胁行为作为定罪条件,这一阻碍导致不起诉,另一方面也有私下调停、受害者不希望审判而不起诉的情况。

自分や子どもが性暴力被害に遭ったときに、どこで心身のケアや相談をすればいいのかや、法的なサポートの必要性を認識している人は多くないだろう。

自己或孩子遭受性暴力侵害时,知道在哪里可以得到身心上的照顾并咨询情况,或者清楚法律支持必要性的人并不多。

2010年頃からワンストップ支援センターの設立が増え、2020年を目処とされていた「全都道府県に1ヵ所以上のセンター開設」の目標は、昨年10月に前倒しで達成された。しかし支援関係者の間では、これはスタートに過ぎないという認識でほぼ一致している。捜査機関、医療機関との連携にはまだ課題が多く、そもそもワンストップ支援センターの存在が一般に広く認識されているとは言いづらい。

自2010年开始增设了一站式支援中心,原定在2020年时要达成“一站式支援中心覆盖全都道府县”的目标,已经在去年10月提前完成了。但相关的援助者都一致认为这只不过是个开始。与搜查机关、医疗机构之间的合作依然存在许多问题,一站式支援中心的存在也还没有被普遍认识。

性犯罪の起訴率を上げていくためには、法律のさらなる改正のみならず、被害者支援の必要性について世論の高まりが不可欠だと考える。

要提高性犯罪的起诉率,不仅要进一步修改法律,舆论方面,让支援被害者的呼声提高也是不可缺少的。

本文由百姓彩票登录发布于关于历史,转载请注明出处:铃木伸之案件引纠纷,东瀛将丢掉性侵扰罪

关键词: